古銭の種類を紹介するサイト

色々な古銭の種類や歴史を紹介します

穴銭

【永楽通宝】明製のものや太閤金銀銭など

投稿日:2018年11月16日 更新日:

永楽通宝は、素材は銅でできていて、形は一般的な穴銭と同じで円形の真ん中に正方形の穴が開いています。
表面に刻印されている文字ですが、「永樂通寳」が上・下・右・左の順で刻まれています。

平安時代から江戸時代まで非常に長く使われていた古銭で、禁止令がでる1608年まで通用貨幣として使われていました。

 

永楽通宝のおこり

元々は中国の明の三代皇帝の時代に鋳造され始めた古銭です。中国で永楽通宝が新しく作られた時、馴染みのない新しい貨幣ということで使い勝手が悪くあまり好まれていませんでした。そこで中国国内では使わずに、海外へ永楽通宝を輸出しようということになり、日本にやってきました。
その当時、日本では貨幣を鋳造する技術が発達していなかったため、この永楽通宝を明から輸入し貨幣として使用していました。
日本に渡ってからは、中国の永楽通宝を見本として、日本製の永楽通宝の銅銭を鋳造する運びとなりました。

 

永楽通宝の種類

先ほども書きましたが、永楽通宝は明で作られた銅銭と、日本で作られた銅銭があります。
また、日本製の永楽通宝には豊臣秀吉が作ったとされている金銀を素材にしたものもあります。これは流通通貨として作ったものではなく、朝鮮や九州などへ出兵した時の恩賞用として鋳造したと言われていて、太閤金銀銭と呼ばれています。太閤金銀銭には永楽通宝の他にも「天正通宝」「文禄通宝」「紹聖元宝」などがあります。

 

現在における永楽通宝の価値は

約200年間もの非常に長きにわたり使われていた古銭で、流通枚数が非常に多いため、基本的には数位百円程度の価値にしかなりません。
しかし、中には数百万という価値がある永楽通宝もあります。

有名なものでは「ノム楽」とよばれるものがあり、これは日本貨幣カタログによると15,000円~30,000円の価値となります。
高いものでは、前述した金製の太閤銭が非常に高価格となり、値打ちものであれば300万円~400万円の価値がつきます。

-穴銭

関連記事

no image

【皇朝十二銭】1000年以上前の流通貨幣

皇朝十二銭は、西暦708年から963年の間に日本で鋳造された古銭です。 名前の通り12種類あり、どの古銭も円形に正方形の穴が開いている、いわゆる穴銭に分類されます。 12種類のうち10種類まで素材を銅 …

no image

【文禄通宝】安土桃山時代の古銭

禄通宝は安土桃山時代に豊臣秀吉、もしくは豊臣氏の二代目である豊臣秀次によって発行された穴銭です。 鋳造が開始したのは文禄元年頃(1593年)。文禄時代は1593年~1596年のわずか4年間足らずの短い …

no image

【宝永通宝】わずか1年間しか鋳造されなかった十文銭

宝永通宝は江戸時代に鋳造された穴銭の一種で。発行年は1708年(宝永5年)で、十文銭として運用されていました。 形は他の穴銭と同じく、円形の中央に正方形の穴があいています。 表面には寛永通宝と同じく「 …

no image

【寛永通宝】江戸時代に流通した穴銭

寛永通宝は江戸時代に流通していた貨幣です。鋳造は1636年(寛永13年)からはじまり、幕末まで作られ続けました。 形は一般的な古銭と同じく、円形の中央に正方形の穴があいたもので、表面に寛永通宝(寛永通 …

no image

【天正通宝】豊臣秀吉が恩賞用に作った古銭

天正通宝は天正15年(1587年)に豊臣秀吉によって発行された古銭です。 形は基本的な穴銭と同じく、円形の硬貨で正方形の穴が開いています。刻まれた文字は「天正通寶」で裏面は基本的に無地となります。 素 …